Exterior wall coating

外壁塗装

日本は四季が豊かな国のため、他国に比べて住宅の耐久年数が少ない傾向にあります。

紫外線や雨、砂埃、暑さや寒さなどの外気から住宅を守るためにも外壁の塗装は非常に大切です。
外壁塗装が劣化してくると壁のひび割れや雨漏り、腐敗などの原因になってしまいます。そのまま放置していると住宅の損傷が早くなって大規模なリフォームが必要になる事も考えられます。

弊社ではお客様が安心して暮らしていただけるよう、耐久性の高い塗装をしています。
また、外壁は住宅の外観で一番目に着く範囲が多い部分になります。そのためお客様の好みや家のバランスを考えた配色をご提案いたします。


Roof painting

屋根塗装

外壁より雨や紫外線の影響を受けやすいのが屋根です。塗装の保護効果がなくなってしまえば屋根の反り、めくれ、ひび割れなどが発生します。

直接確かめる事ができない場所でもあるので、気付かない間に劣化が激しくなっている事も少なくありません。
タイミングとしては外壁塗装と同じタイミングで塗装をすると一度の作業できるため費用が抑えられます。

外壁塗装と同じ時期に屋根塗装も合わせてご検討ください。

内装塗装
内装塗装
Interior Painting

内装塗装

特別な空間を演出するのに内装塗装は最適です。
壁紙の張り替えと違い、内装塗装は塗料の質感や風合いをしっかり表現できます。

また部分的な汚れや傷も、部分的に塗装すれば補修できるため管理も簡単です。
消臭効果や遮熱効果のある塗料など、機能的にも優れた資材を取り扱っています。

防水塗装
Waterproof coating

防水塗装

屋根や外壁のひび割れから雨水が入ってしまうと住宅は激しく劣化していきます。
屋上やベランダから浸水する事が多いため、適切な防水塗装を施す必要があります。

弊社では「塗膜防水」、「シート防水」、「アスファルト防水」など状況に応じて適切な防水塗装をします。

浸水による老朽化は損傷が激しくなる傾向にあるため、早めの対策をご検討ください。

遮熱塗装
Thermal barrier coating

遮熱塗装

一般的な塗装を使った外壁の場合、熱がこもり温度が高くなってしまいます。
そのため断熱材がある住宅でも、熱が伝わり室内の温度が上昇する傾向にあります。
特に夏場の直射日光は影響が強く、外壁の温度は50℃~80℃にもなります。

遮熱塗装をする事で、外壁自体の温度が抑えられ、室内温度も上昇しにくくなります。
遮熱塗装をするだけで家の中の温度が3~5度程下がります。
家の中が涼しくなり、冷房の効きが良くなることから電気代カットに繋がります。